観光スポット

洞爺湖

11万年の時の流れを今に伝える  洞爺湖は、今から11万年余り前の火砕流を発生する巨大噴火で生まれたカルデラ湖です。  火砕流の噴出源が陥没して「洞爺カルデラ」ができ、さらにその窪みに雨水などがたまって洞爺湖が誕生したのです。  洞爺湖は、支笏洞爺国立公園の中心となる湖で、面積は約7,000ha。支笏湖、摩周湖に次いで北海道で3番目、全国でも6番目の水深(179.7m)をもつ湖です。 また、洞爺湖の透明度は年平均14mほど。全国の湖の中でも5番目の透明度を誇っています。 おすすめビューポイント  洞爺湖はどこから見ても絵になるビュースポットがいっぱい。  中でもおすすめは壮瞥公園。梅の咲く5月はもちろん、羊蹄山、昭和新山、有珠山、そしてサミット会場のウィンザーホテルまで一望できます。  そして、洞爺湖畔一円に広がる洞爺湖ぐるっと彫刻公園。 全58基の彫刻たちと洞爺湖の静かな湖面が、芸術と自然の融合した新しいアートを創造しています。

名称 洞爺湖

観光スポットの記事一覧へ戻る

TOP