旬のそうべつ

2019壮瞥公園【梅の花だより(満開!!)】13日目(5月10日)*開花指数・150%*

みなさんこんにちは、スタッフの鈴木です。

『梅の花だより』も早いもので13日目ですが、長きに渡り梅の観測を続けていますが、こんなに見応えのある年もそう無い当たり年になりました。

今日の開花指数はな・なんと150%!!

昨日、100%の満開宣言をしたばかりなのに、今朝行ってみると100%を越える見応えになっていて、ついに100%を越えてしまいました。

では、本日はかなり興奮気味にお伝えしたいと思います。

| 梅の花に圧倒

例年、頂上の花が満開になる頃には下の斜面は少しずつ花が落ちてくるのですが、今年はそんなこともなくまんべんなく咲き続けているのが特徴のようで、まだまだ下側の斜面の木も綺麗に咲き続けています。

■下側

いかがですか!?

まだまだ枯れる様子もなく、大変長持ちしているのが良くわかります。

また、今年は過去最高!?と思われるほどの満開なので、木の先端までまんべんなく花の蕾みが咲いてくれています。

次ぎに斜面中腹です。今年は特にこの中腹の咲き方が半端ないくらい見事な咲きっぷりで、今年はいかに当たり年かが感じられる咲き方をしてくれました。

■中腹

今朝は、昨日と打って変わってとっても良いお天気なので中腹からも遠くの洞爺湖や中島がめちゃくちゃ綺麗に見えます。

そして頂上です。ここ数年は、私たちが標準木としている頂上の木だけは、なかなか満開にならいで観測が終了してしまう年が続いていたのですが、今年は頂上の標準木も久々に咲いてくれて一安心といったところです。

■頂上

 

そして最後に公園全体ですが、今日はいつもと違う角度から撮影してみました。

このブログで度々登場してくる壮瞥公園の主とも言うべき”T中”さんのお散歩コースからの景色ですがいかがでしょうか・・・

■公園全体

 

基本的にどの角度から見ても綺麗なのが壮瞥公園ということですね。

今年の見応えについては、今年は凄いと何度も言っていますが、我々が観測していてよ~く考えてある一つのことに気づきました。

壮瞥公園へ来たことがある方ならもしかしたら気がついたかもしれませんが、地面を見てください。

いつもは梅の花が開花すると同時に地面のふきも一緒に生長してくるのですが、今年は梅の花に地面の養分を取られたのか、ふきの生長が著しく遅いのでその分邪魔なものがなく、余計梅の花が多く見えるのかもしれません。

 

 

今日は、過去最高の150%とあり得ない数値をたたき出した壮瞥公園ですが、いかがでしたでしょうか。

この調子だと恐らく今週末までは十分見応えある状態を保ってくれそうですね。

そして、今日も三脚を持った大勢のカメラファンの方が朝早くから公園で撮影をしていましたが、今、この撮影マナーについて様々な物議を醸し出しています。綺麗なものを撮影したい気持ちはどこに訪れる人も皆一緒です。くれぐれもマナーを守り、時には譲り合いの精神で気持ち良く景色をお楽しみいただきますよう、改めてお願い申し上げます。

では、明日は私鈴木に代わり、雨女の伊藤さんが梅の花だよりをお伝えいたします。

お楽しみに・・・

TOP